私のiPhoneの使い方

iPhoneを購入した夏から、すっかり季節も巡って冬となり、手もかじかむ寒さとなりましたが、手の中のiPhoneがその寒さに負けないくらい暖かさを放っています。iPhoneの熱はまだまだ収まりそうもありません。

iPhone購入前、私はiPhoneをどれだけ活用できるかを検討した結果、毎日乗っている電車の往復で2時間近くの時間、ここでしかiPhoneをフルに活用する時間はないだろう、と考えていました。なぜなら、その他の時間には、ほとんど自由にPCにアクセスできるので、わざわざiPhoneでウェブを見たりする必要がないからです。全く予想通りであったことは、間もなくして分かるわけですが、実は最近になって、このただの2時間を想像以上に活用できていることを実感してきています。

購入当初、実はあまり電車でiPhoneを使ってませんでした。せいぜい電車に乗っている半分の時間でウェブブラウズをしていたくらいです。そして、これくらいの使い方が、購入前に考えていた使い方と、ちょうど一致していたように思えます。

それからしばらく経ち、ちょうどNetNewsWireによるRSSリーダーを導入した辺りからでしょうか。通常、帰宅してからブラウジングしていたウェブサイトを、帰宅途中で見回ってしまう、というスタイルが確立されつつありました。具体的には、Yahoo!,ITMedia,Hatena,Pathtraq,CNet,…まあ、このあたりです。あとは、RSSを消化します。これによって、帰宅してからのウェブブラウジングの時間が、大幅に減ったと考えられますが、残念ながら比較できるデータは残ってません。おそらく、これによって帰宅してからの時間が少々増えたと考えることができます。

また、カレンダーは購入当初から活用はしていました。ただ最初は、明らかに決まりきった1日の予定しか入力していなかったのですが、最近は、ちょっとした用事でもカレンダーに書き込むようになってきている気がします。そして最近、ようやく自分にぴったりのTouchTodoと呼ばれるToDo管理アプリケーションが現れました。まだ試験的に使ってるところですが、これでようやくToDoリストもiPhoneに任せることができそうです。これらカレンダー、ToDoも、主に電車に乗っている時間に整理を行います。はっきり言って、まだまだ紙とペンの方が明らかに扱いやすいと思うので、暇な電車の時間を利用して一括して整理整頓をします。

さらに余った時間は、つい最近リリースされた、産経新聞を読む時間に回したりします。ウェブだけから情報を得ていると、偏ってる気もするので、ちょうどいい感じです。その他にも、LadioTouchでウェブラジオを視聴したり、PhotoShareで写真を楽しんだり、SkyBookで青空文庫を読んだり、もちろん音楽は常に流していますが、動画もたまに見ます。ただ動画を見る環境として電車は最悪ですが。

と、こんな感じで、iPhone一台で、電車の乗車中にたくさんのことができるようになります。購入当初は、せいぜいSafariとiPodでしたが、成長しつつあるiPhoneアプリケーションのおかげで、電車の中が別世界に変わってしまったようです。私は電車に乗車中の暇な時間をiPhoneタイムにしていますが、他の方々はどんなときにiPhoneを活用しているのでしょうね。

コメント投稿