今年はもっと記事書けるように頑張ります

新年、12月は記事を1エントリーも書かずに、ついに明けてしまいました。残念です。ここ最近、ブログの更新をサボっている感じになっていますので、月5エントリーペースで書きたいですね。

Objective-C のクイックリファレンスの方も、更新が途絶えてますが、今続きを書き始めているので、近日中に増えると思います。しかし、数ヶ月前から Interface Builder の記事を書きたくて仕方ないので、そちらを先に書き始めてしまうかもしれませんが。本当は、新しいXcodeが出てから書きたいのですが、なかなか出そうにないので、先に書いてしまう予定です。

Interface Builder に関する記事はとても少ない印象で、そして使っていない方が、もしかすると多数派なのかもしれないので、Inteface Builder のすばらしさを伝えられる記事にしたいです。

コメント

  1. sm より:

    私はInterface Builderを頻繁に使うので、楽しみにしています。
    使い始めの頃は、インスペクタに表示される設定項目がたくさんあったり、File’s OwnerやFirst Responderが何なのか分からなかったりして、苦しみました。
    その反面、マウスでドラッグしてアウトレットを接続する機能などは、魔法のように感じられてすごく興奮した覚えがあります。

    ブログの更新応援してます。

コメント投稿