MacBook Air 13インチ の使用レポート

MacBookAir 13インチ 128GB モデル メモリを4GB カスタマイズ を買ってから半月くらい経ちました。外出時かつ他のパソコン環境がないところでしか使わないので、まだあまり利用していませんが、電車の中で寝ていないときには大活躍しています。

いいところ

  • 起動が速い
  • 軽い
  • 画面が広い
  • キーボードが打ちやすい
  • SDカードが挿せる
  • バッテリーが持つ
  • 十分なスペック

わるいところ

  • キーボードの感覚
  • まれに画面が乱れて再起動せざるを得なくなる
  • CDが取り込めない
  • 文字がちっちゃい

いいところ – 詳細

見た目で驚き、持って驚き、そして起動して驚きます。起動速度がとにかく速いです。ばらつきがありますが、15〜30秒で起動します。本当に速い。

13インチなので、画面が十分な広さです。これなら、プログラミングも満足に行えます。長いメソッド名も、これでバッチリです。

SDカードを挿せます。デジカメの画像を簡単に取り込めるので iPhoto と連携して活躍します。

バッテリーが持ちます。開発作業なら、おそらく公式の7時間は持つことでしょう。ちゃんと測っていませんが、それくらいは持ちそうな気がします。

十分なスペックがあります。たいていの作業は、ストレス無く行うことができます。たまにひっかかりを感じたり、待ち時間を要する作業もありますが、この軽さ、バッテリーの持ちを考えると、とても素晴らしいです。

わるいところ – 詳細

キーをストロークしたときの感覚があまり良くありません。好みに依るところが大きいので、購入前に一度試してみましょう。感覚が悪いからと言って、打ちにくいわけではないので、実用上問題はないのかもしれません。

稀に画面が乱れて何もできなくなる現象が発生します。しかし、これは最近のアップデートで直ったかもしれません。

CDが取り込めません。ネットワークドライブから iTunes に読み込もうと思ったのですが、うまくできませんでした。調べてみると、著作権保護のかかったCDはネットワークドライブからインポートできないようです。

文字がやや小さいです。まだ許容範囲ですが、小さいなと感じる場面がたまにあります。

まとめ

どこへ行っても作業したくなる人に大変おすすめできます。iBook G4 12 inch を持っていた経験からすると、ポータビリティはとても重要で、とにかく、いつでも持ち運ぶ気にならなければ、ノートブックを買う意味がありません。

しかし、ポータビリティを重視しすぎると、スペックが十分でなかったり、バッテリーの持ちが悪かったりしますが、その点、この Air は絶妙なバランスを保っていると言えるでしょう。

11インチについて

軽いのはいいのですが、ややスペックと画面の広さ、そしてバッテリーの持ちに不満を感じそうだったので、13インチを選びました。迷っている方は、店頭で比較してから買うといいと思います。

コメント

  1. tak より:

    お久しぶりです。ご無沙汰しておりました(が、RSS で随時チェックはしてましたw)。

    13インチ、十分広いですか。。。
    解像度ってとうなんでしょう?
    僕の MacBook も 13 インチなのですが、1280×800 で狭く感じます。

    SDカードいいなあ。僕の MacBook には付いてないんですよ。いいなあ。

    以下、チラシの裏にでも書いとけって話ですがよろしければ。
    僕が 5 年前にノート PC を購入したときは、画面の広さを優先して 17 インチの物を選択したのですが、重すぎて厚すぎてとてもじゃないけど持ち運べなかったのです。なんのためのノート型だか。
    その反省から、2 年前に MacBook を購入するときは 13 インチを選択したのですが…画面が狭い!
    プログラミングでは画面内にどれだけ多くの行を表示できるかで効率も変わってくるので、縦幅は大切です。広い横幅を活かしてエディタを横に並べたり工夫もしているのですが、縦 800 px は僕には狭すぎました。
    広い→狭い の移行だったから余計にそう感じたのでしょうね。

  2. OverTaker より:

    > tak さん
    お久しぶりです。

    > 解像度ってどうなんでしょう?
    1,440 x 900ピクセル です。具体的な数値を書いておけばよかったですね。これくらいの解像度になると、逆に細かすぎるのではないかと心配でしたが、若干小さく思えるくらいで、許せる範囲だと思います。

コメント投稿